ハロウィン事情〜ホームデコレーション編

9月にキャッキャッとペーパーソースなんかでハロウィンの飾りを買ったり、PARTY CITYでせっせこ$1.99なんかのやっすい飾りを集めて家の中で飾ってワクワクしていたのだが・・・。近所の様子を見て飾りをだそうと思ったものの、思った以上にこの街は意外とハロウィンに冷めている気がする。

 

10月2日の朝に恐る恐る飾りを出して見た。近所の別の街ではそれなりにハロウィンのかぼちゃが表に出ていたからだ。しかしここは日本人とお年寄りの多い街。ほとんどの家にそれらしい飾りが出ていない!そして、ここはポイントなんだけど、サンクスギビングの飾りとハロウィンの飾りはオレンジつながりで一緒なのだが、サンクスギビングの飾りだけをする家も当然のことながらあるのだ!!考えてみれば当たり前なのだけど。

 

というわけで、うちの玄関に飾ってあった3つの安っぽい飾りは早々に1日で撤去されてしまった。

 

では何を飾っているのかというと・・・秋のリースである!そして検索すると日本人が自分で作ったオシャレな秋のリースばかり出て来る。しまった!その文化を知っていれば日本で買ってきたのに!!

というわけで、これからアメリカに住む予定の人は、秋カラーのリースと100均で買えるハロウィングッズを今のうちの買い込んで置くことをおすすめします。

 

あと、スーパーではでっかいかぼちゃが表にたくさん売られている。かぼちゃといえばハロウィンと思いがちだが、実はサンクスギビング扱いでもOKのような気がする。顔は彫ってないけど。

あとはカカシ!この飾りを玄関先の庭にぶっさしている人は、うちはクリスチャンなのでハロウィンの飾りはやらないのです!という感じをうけているのだが、今後ハロウィンをどうするのかは要観察。

 

で、怖そうなハロウィンをやっている家はあるかというと、感覚的には今のところだけど1%程度。二階の屋根から大きな幽霊が吊るされていたりして見応えあり。でもはっきり言って浮いている!中学生くらいの子がいないとやらないのかもしれない。そして多分すごく勇気がいることだと思う。近所の人たちから、あーあの人ならやりかねないねみたいな呆れた笑いが漏れるようなタイプじゃないと無理なのではないだろうか。でも羨ましい。怖がらせたい。

 

秋リースどうしよう・・・。そして10月2日にはすでにクリスマス市場がスタートしていたという。アメリカ人気が早いな。