駐妻に必要な英語〜①中学レベル&TOEIC無勉強で399点からの戦い

夫に海外の可能性有るよ〜と言われて、そうなのかー、今の生活捨てるのかー、仕事しない生活になるのかー?この家どうするの?子どもたちは?というか英語話せないよ?ま、行ってみたら生活はできるのかな。でも英語が話せるようになっている姿なんて想像もできない…だって高校以来英語なんてまともにやってないもの(実際は中学までしかまともにやった記憶がない)

 

という私が、実際にアメリカに来てみて必要になったシーンで、あとは悪あがきで買ってきた本(まだほぼ見てない)などで、駐妻ならではの具体的に必要になった英語を書き出して、復習することにしてみました。

 

前提として、中学は教科書はカバー出来ているレベル。(模試の長文で知らない単語が出てくると少し絶望するレベル)、無勉強でドナドナのごとく連行され(勝手に申し込まれ)強制的に椅子に座らされてイヤイヤ受験させられたTOEICは399点です。100点取れるかどうかと思っていたので、正直びっくりしましたが。

 

話は変わりますが、TOEICの初回は無勉強でなくてはならないそうです。

とは言え、22年くらいまともに勉強していない私が(ずっと予備校に通い、大学受験したのにどうしたんだ?!→自信を持って勉強しなかったと言い切ります。)本当に無勉強で良いのだろうか?と思いながらも、本当にそういうものらしいです。大学の時にTOEICを受けようと思いつつも受けなかったほど、勉強しない気楽な大学生でしたから。でも、受けるからには恥は掻きたくない。と思って、受験会場に向かう電車の中で初めてネットで対策を練りました。

 

その対策とは…

 

①5W1Hだけ聞き取れば、名詞だか形容詞だか動詞だかで答えは分かる。

マークシートならでは!です。結構ズルい)

②受験会場に少し早めに入って、すごい時間のかかるマークシートの名前や属性などを埋める。

③分からないものは考えない。ABCDなど(1234だっけ?)とりあえず決めたとこを埋める。

(学校のテストでよくやったアレ!です。)

 

以上で、思ったよりは良い399点を手にしました!意外と良くてびっくりしました。だって100点取れればよいと思っていたくらいですから。