NYでの家探し②

なんか前のブログを読み直したら非常に読みにくかったので、私の経験を踏まえたNYの家探しのポイント。

 

下の内容に、2ヶ月後の感想を書き加えているので、こちらを↓ 

pajamadaojama.hatenablog.com

(前提)

・NYに子供有り(幼稚園以上)の家族で住む場合、自然とウェストチェスターに絞られる

・$3,000がスタートライン

・車は、ペーパードライバーでも諦めて運転する方向で

・家の設備は壊れて当たり前と理解する。日本ではありえない歪みも多いが、ある程度の歪み以上は健康を損なう

・築年数はそこまで関係なく、リフォームがいつされたかがポイント

 http://pajamadaojama.hatenablog.com/entry/2017/09/21/010829

(条件の絞り方)

・とにかくこだわりすぎず、条件はゆるく探すのが良い。プロの言うことはある程度聞こう

・例えば、学区がとても良く、子供をバイリンガルにしたくて、通勤時間をできるだけ短く、駅徒歩10分で、キレイで庭付で公園も近い$3,500以内の物件、と思うのであれば、駅は問わずに、徒歩20分以内くらいで$3,700以内の物件という条件で当てはまるところをすべて見て回るくらいでちょうど良い気がする。家は行ってみないと分からない。

・うちも妙なこだわりを持ったおかげで随分回り道をしたが、一番最初に提示された不動産屋さんの担当者のオススメで結局決まった。

 

(意思決定の仕方)

・とにかく夫婦で意見のすり合わせをしておく。意思決定者が多いというのはその分時間がかかるので気をつける

・よっぽど暇な時期を除き、7割満足できそうな家だったらさっさと申し込もう。そこがダメだった時にもう一度最初から探し直すという場合のダメージは非常に大きい。渡米の時期にも大きく影響する場合がある。一度の内見で10件ほど回るとしたら、同じ業者で2件ほど申し込むと良いかも

・中の写真がネット上にあまりないなら、Zillowなどで大体目処をつけておく

・貸すことが決まった家は大体2ヶ月前から、住民が住んだままの状態で内見できるらしい。住民が在宅の場合は写真が撮りにくいので、見に行った人の感覚に頼らざるを得ない。住民が不在の場合は写真を沢山撮って共有する。ぶっちゃけフェイスタイムの実況中継はよくわからない。(時差が12時間程度なので寝ている夜中に内見されると眠たくてたまらない)

 

(内見の際に気をつけること)

・家だけでなく周囲や駅前、通う予定の学校の雰囲気を見る

・設備が手入れされているか

スマホスマホアプリの家の傾斜を調べられるもの(アイフォンなら標準搭載のコンパスのアプリ)を用意しておく。おや?と気になる箇所では必ず傾斜を調べておく。1%くらいまでが許容範囲。4%とか傾いている家も珍しくない

 

(一戸建てかコンドか)

・一戸建て、コンド、タウンハウス、ツインハウスなどがある。

 一戸建ては庭の手入れは管理会社がしてくれるらしい。庭の手入れで怪我から菌に感染して病気になるというケースもあるのでガーデニングが趣味の人は特に予防接種をなめないようにしよう。雪かきは妻の仕事らしい。

・コンドはプール、ジム、ベビールームがあったりプラスアルファの施設が期待できる。NYは冬の暖房費がとてもかかる(下手したら10万とか)けど、含まれているケースが多い。部屋が2部屋なのに2バスルームだったりして少しもどかしい。

・タウンハウス 未だによくわかっていない・・・タウンハウスってなんだ?

・ツインハウス いわゆる二世帯住宅。上下というより左右のケースが多い気がする。新築のツインハウスはキレイで日本人好みの物件が多いが、噂によると安普請で隣の音が丸聞こえのこともあるとか。小さな子供がいる騒音問題が怖い家は選ばない方がベターかも。

 

(広さ)

・基本一戸建ては、ベッドルームの数で表される。

 リビング+ダイニング+キッチン+バス・トイレ(不要だとしても2個や3個ある)

 +地下室+駐車場がある。

 家によってはウォークインクローゼットなど表示されない小部屋もあったりする。

・1,000Sqfはおよそ93平米。×0.093をするかグーグル先生に聞く

 大体日本の建売一戸建てで1,700Sqfのイメージかな?

 

(設備)

・キッチンに電子レンジ、冷蔵庫、ディッシュウォッシャーは標準装備

・洗濯乾燥機は地下室にあることが多い。干すとしたら地下室に干す

・雪が多いので車庫があることが多い

・何も壊れないで駐在生活が終わることはほぼ無いらしい。問題は壊れた時どう対応してもらえるか

 

(駅からの距離)

・駅徒歩数分にこだわるならママロネック・ハリソン・ライ・タッカホー・クレストウッド。スカースデールにはあまり徒歩圏内の物件はないように思う

・徒歩10分と思っているなら徒歩20分まで広げてまずは探そう

 

(駅詳細)←不動産屋さんから聞いた情報 今のところほぼ噂。

ニューヘイブンライン 駅前が外国らしいキレイなイメージ。駅前から坂が多そう

ブロンクスビル ウェストチェスターでは一番マンハッタンに近く、高級感があって人気の街。9割白人なのでオススメできないと言われた。学区は申し分ない。

・タッカホー 日本人ファミリー少なめ。ウェストチェスターで駅チカコンドに住みたいならタッカホー。ブロンクスビルやクレストウッド(イーストチェスター)に近い。学区は結構良い。日本人保護者の図書館ボランティアに力が入っているらしい。

イーストチェスター クレストウッド駅徒歩圏に意外と物件がある。庶民的で商業地区があるので徒歩だけで生活したければなんとかなるかも。スカースデールの方面に大きめの商業地区がある。坂が多い。学区は結構良い。

・スカースデール 高級住宅地。日本人も比較的裕福な人が多く住む。駅からは乗り合いタクシーで帰宅するとの噂。子供の誕生日パーティーが他の地区に比べて大変との噂。クラスメイトの家が超豪邸だったりするらしい。学区は申し分ない。

イーストチェスターとスカースデールの学区の境目は結構複雑なのでトレジョの近くに住んでスカースデールの学区に住みたい場合は要注意。

 

ハーレムライン 全体的に子供向けの公園が多くて日本人が住みやすそうな設備が整っているイメージ

・ママロネック マンハッタンまで比較的近く、海の近く。駅前から海にかけておしゃれな商店街が続く。ヨットハーバーや海の近くの公園、子供のためのミュージカル劇場がある。ママロネック学区は新築のツインハウスが多い。ライネック学区を含むでの微妙な市でママロネック学区は比較的スパニッシュが多く、少し英語がスペイン語なまりになる可能性があるらしい。ライネック学区は人気らしい。

・ハリソン 日本人の割合の一番高いと言われている場所。小学校の中学年以上で渡米する家庭には安心かも。公立学校でも日本人の先生が連絡事項を日本語で伝えてくれるらしい。プラス面ではいずれ日本に帰国して受験などを意識する家庭には塾が近かったり、補習校が近かったりなど便利な施設が多い。公立学校にも日本人が沢山いるらしい。学区は申し分なさそうだけど、英語があまり・・・な子は学校のレベルを測るテストに参加していないという噂も。

・ライ あまり調べていないのでよくわからないが、ライでもハリソン駅が近い家もあり、その場合は往復のどちらかがずっと上り坂との噂。ちょっと手狭(他に比べて)のタウンハウスが多いらしい。学区は申し分ない。

グリニッジ 駅前が都会な感じ。おしゃれなブランドショップの並ぶストリートを抜けると徒歩20分くらいのコンドが沢山立ち並ぶ。線路沿いなどは道路の整備があまりの場所もありそう。学区は申し分ない。

・リバーサイド 駅前から避暑地のような感じ。少し古い家も多そうだけど豪邸も多い。グリニッジもそうだが、最初別の場所に住んでいた人が移住する、慣れた人が住みたがる街らしい。学区は申し分ない。

 

(安全面)

・基本はどこもそんなに危なくはなさそうだけど、アメリカならではの銃の問題や、駅前のなんでこんな場所にこんな物件が借りてが付かずにあるんだろうと思うと、幼児犯罪者が近くに住んでいたなど、アメリカならではの問題があることもあるのでリサーチは必要

・地図で見ればわかるけど、囲われていないような池や沼などが点在しているので、小さい子供がいる家庭は避けた方がいいかもしれない

 

(教育)

・学校のレベルは

GreatSchools: School Ratings and Reviews for Public and Private Schools

などで調べる。すべての学校が載っているわけではない。

10段階評価以外に、英語と算数のテストの結果なども掲載されている。

小学校3年生以上なら学校選びは大切。

バイリンガルにするには、半々ずつ話す環境が良いとの噂。

・小学校低学年くらいまでいる予定の場合、日本語教育も大切。補習校や塾などでフォローした方が良い。

・日系の幼稚園も様々で、自由な校風、日本語ばかり、英語と日本語半々などそれぞれの考えがあるらしい。日系の幼稚園で大体年間私大の安いところくらい?

・プライベートスクールは年間学費音大くらい?

・今日本で人気のモンテッソーリ教育系も結構ありそう